トレッキングポールの収納方法|ザックへの固定はどうする?

今回は、トレッキングポールの収納方法について解説します。
トレッキングポールをザックへ固定するにはどうすればいいのか。
また、岩場などでとっさにトレッキングポールを収納する方法なども解説します。

 

トレッキングポールのザックへの収納・固定方法

トレッキングポールをザックへ収納・固定する方法はいくつかあります。

 

・サイドポケットへ取り付ける
・ピッケルホルダーへ取り付ける
・トレッキングポールホルダーへ取り付ける
・ショルダーハーネスへ取り付ける
・ザックの中へ入れる

 

サイドポケットへ取り付ける

まずは、サイドポケットへ取り付ける方法です。
これが最も一般的な方法と思われます。

 

トレッキングポールの先をサイドポケットに収納した後、トレッキングポールの上部をコンプレッションベルトで固定します。
取り付けるのも取り出すのも簡単で、しっかりと固定されますし、歩くときに腕や足に干渉しません。
ただ、取り付けるたびにザックを降ろす必要があるので、それがデメリットです。

 

トレッキングポールの向きを逆にして、グリップの方をサイドポケットに入れる方法もあります。そのときは石突きが上に来て危険なのでゴムキャップなどをつけましょう。

トレッキングポールの先をサイドポケットへ収納
トレッキングポールのグリップをサイドポケットへ収納

 

ピッケルホルダーへ取り付ける

次にピッケルホルダーへ取り付ける方法です。
多くのザックにはピッケルホルダーというものが付いています。
これは本来ピッケルを取り付けるためのホルダーですが、トレッキングポールを取り付けることもできます。

 

ピッケルホルダーにトレッキングポールを取り付ける方法

  1. トレッキングポールの先端をザック下部のループに通す。
  2. ループを中心にトレッキングポールを1回転させる。
  3. トレッキングポールをピッケルストラップの中央に合わせ、ゴムで留める。

 

ピッケルホルダーへの取り付けはしっかりと固定されますし、歩くときに腕や足に干渉しません。
ただ、取り付けるたびにザックを降ろす必要があり、取り付けに少し時間がかかるのがデメリットです。

 

トレッキングポールホルダーへ取り付ける

ザックによっては、トレッキングポールを取り付ける専用のホルダーが装備されているものがあります。
オスプレーは、ショルダーハーネスとザック下部の2か所で固定するようになっており、マムートはウエストハーネスで固定します。

 

ロストアローオンラインストア

ケストレル38(S/M ブラック)のページです。登山用品・クライミング用品・スキー用品を販売するロストアローの公式通販サ…

 

ヤマケイオンライン

マムートの「デュカンスパイン28-35」は、体の動きに背面パッドとウェストハーネスが追従して動く「アクティブスパインテク…

 

ザックを背負ったまま装着できるので、脱着にストレスがありません。
ただ、トレッキングポールが身体の横にくるので、歩くときに腕などに少し干渉するかもしれません。

 

ショルダーハーネスへ取り付ける

トレランザックのショルダーハーネスにポールホルダーを取り付けて、そこに固定している人もいるようです。

トリッパーズ Trippers West Tokyo Running Company - 東京・立川 トレイルランニング専門店 シューズ ザック ウェア その他グッズを展示販売

上州武尊にエントリーしたお客様のTR10 にポールホルダーを付けました。 TR10はそのままだとザックを降ろさずにポール…

 

こちらも、ザックを背負ったまま装着できるので、脱着にストレスがありません。
ただ、トレッキングポールが身体の前面にくるので、やはり歩くときに腕などに干渉する可能性があります。

 

ザックの中へ入れる

草が生い茂るトレイルを歩くときは、トレッキングポールが枝に引っかかることがよくあります。
そのような場合は、いっそトレッキングポールをザック内に入れるのがよいです。
折りたたみのトレッキングポールなどはコンパクトになるので、小さいザックでなければザック内にすっぽり入れることができます。
ザック内が汚れるのが心配な場合は、収納袋などを使ってもいいかもしれません。

 

岩場などで咄嗟にトレッキングポールを収納したい場合

歩いていると、岩場が急に現れて、トレッキングポールを収納しなければいけない場面があります。
岩場に来るたびに、トレッキングポールを収納していると時間がかかりすぎるので、トレッキングポールを背中とザックの間に挟み込むこともあります。
ザックがある程度の大きさと重さがあれば、この方法でも意外と安定します。
ただ、落下の危険性もあるのでしっかり固定されたことを確認してから進みましょう。
特に後ろに人がいるときは要注意です。
あくまで応急的な対処法なので、使用しない場合はきちんと収納・固定するようにしましょう。

 

まとめ

今回は、トレッキングポールの収納方法について解説しました。
まとめに移ります。

 

・トレッキングポールをザックへ収納・固定する方法はいくつかある。
・それぞれの収納・固定方法のメリット・デメリットは以下の通り。
・岩場などではトレッキングポールを背中とザックの間に挟み込む方法もある。ただ、落下の危険性もあるのでしっかり固定されたことを確認し、後ろに人がいるときは要注意。
収納・固定する箇所 メリット デメリット
サイドポケット ・装着が簡単で、しっかりと固定される。
・歩くときに腕や足に干渉しない。
・取り付けるたびにザックを降ろす必要がある。
ピッケルホルダー ・しっかりと固定される
・歩くときに腕や足に干渉しない。
・取り付けるたびにザックを降ろす必要がある。
・取り付けに少し時間がかかる。
トレッキングポールホルダー ・ザックを背負ったまま装着できるので、脱着にストレスがない。 ・トレッキングポールが身体の横にくるので、歩くときに腕などに少し干渉する可能性がある。
ショルダーハーネス ・ザックを背負ったまま装着できるので、脱着にストレスがない。 ・トレッキングポールが身体の前面にくるので、歩くときに腕などに干渉する可能性がある。
ザックの中 ・トレッキングポールが枝などに引っかかることがない。 ・ザック内に収納するスペースが必要。
・ザック内が汚れる。
最新情報をチェックしよう!